昔ながらの自撮で

2015.12.18 Friday

0

    Phot by Konica C35
    昔ながらの一人自撮りは、鏡に映った自分自身を、または三脚にカメラを乗っけて
    自身を撮るかでありました。鏡撮りは良いにしても、三脚に据えたカメラを前に独
    演のように真顔、般若、ひょっとこ面顔など、百面相ポーズを作ったりしての自撮り
    は何んか気恥ずかしいのであります。そこに家族なんかが来て『何してんねん!!』な
    んて言われようものなら・・即アウトであります。

    昨今の若い人たちの自撮りは、自撮棒なんて竿を小道具に所かまわずツーショットで
    あります。周囲に気配りもなく撮る姿は、見ている方がハラハラ、ドキドキであります。
    これもデジタル写真文化の所産であります。 

    300円のC35の写りは、なかなかのものですなぁ。
    =bobby=