楽しみ方は色々

2018.03.08 Thursday

0

    JUGEMテーマ:写真日記

    Fed-2 type-b Industar 26M f2.8 50mm

    ISO800、絞りは開放。屋外で撮るが、露出オーバーになってしまう。露出オーバーにならないよう

    に撮影するにはどうすればよいかと、デジタルカメラで写真を始められた人からの質問がネット上に

    あった。デジタルカメラなら小道具を使うことなく、どんな設定下でも撮影が可能になると思ってい

    たが、そうではないらしい。ワタクシの時代は、フィルム感度ASA(ISO)はできるだけ低いものを使う

    よう教えられた。だからシャッタースピードも1/125くらいまで。上がってもせいぜい1/250止まり

    がほとんどだった。ASA400のフイルムを使うにも限定的だった。

    =Bobby=

    スポンサーサイト

    2020.09.13 Sunday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントをお寄せいただきありがとうございます。お尋ねいただいたカメラはみなフィルム時代の古いです。小学2年生時に手にしたハーフカメラから始まって、順次手に入れたカメラです。古いですね。
      あの頃に苦慮したことの多くがデジカメは一挙に解決してくれているようで素晴らしい技術ですね。ただ、進化が早すぎて「きょうの価値」の継続が短期なので高価な投資には躊躇してしまいますね。
      • by taka
      • 2018/03/11 5:04 PM
      はじめまして
      いろんなカメラで楽しまれているようですね。
      Fed、Minolta、Pentax,基本はフィルムカメラなのでしょうか?

      フィルムの感度ASAを極力抑え粒子の荒れを防ぐのと、ISO感度を抑えてノイズを防ぐのと、考え方は同じだと思います。
      ただ後者のデジタルの場合は、進化の度合いが半端じゃありません。
      最新のカメラだと、ISO12800でも平気だったりします。
      勿論、ノイズリダクション”ON”か、RAWで撮ってレタッチの必要はあるでしょうが。
      薄暗い外灯ひとつあれば、ストロボなしでも昼間のように撮れてしまうデジカメ、やはりすごいと思います。
      • by Bon
      • 2018/03/09 9:38 PM
      コメントする